中古iPhoneを売る際の注意点

iPhoneを売るなら注意しておくべき事があります。それはデータを削除することです。これは個人情報の漏洩になり、とで後悔することになります。ここでは、iPhoneを売る時に気を付けておくことを紹介いたします。

安全に問題なく売るために

問題は嫌ですね。後からやっとけば良かったという本当に単純で簡単なことです。知るまでは時間がかかりますが、知っているとほんの数秒で問題になるかもしれないリスクをなくすことができます。
問題が起こらないようにするための準備です。
まずは、

①iPhoneを探すをオフにすることです。

これは、初期化の前に「iPhoneを探す」の機能をオフにしておくことです。そのままですと買った方が電源をオンにして初期設定をする時にAppleIDが必要なのです。パスコードがわからない場合、買った相手は利用ができないことになります。
郵送などの場合、この機能がオンの状態ですと買取ができないとされて送り返されてしまいます。

②付属品もあった方がいいです。

イヤホン
買ったときの状態がいいですね。
箱、イヤホン、イヤホンケース、充電器。
できるだけキレイな方が価格が変わることがあります。やっぱり汚いより、キレイな方がいいですね。
箱などの付属品は売る時のために保管しておくことをオススメします。

③Apple Watchの解除

Apple Watch
ペアリングの解除をやっておかないと、使えなくなります。

④iCloudも削除しておこう

サインインしたままだと、当然つかえません。ここもしっかり削除しておきましょう。

⑤初期状態にしておくことです。

設定アプリ、一般で、リセットがあります。
「すべてのコンテンツと設定を消去」を行います。

iPhoneは大事に使う

iPhone使用
iPhoneは新しいのがどんどんでてきます。毎年のように新しいモデルが登場していて、買ったばかりのiPhoneを手放して新しいiPhoneに変えると前のiPhoneはもったいないですね。そんな時に売るという考えがあります。売れば多少は大金になります。まだ新しいものですと買った時と同じくらいの価格で買取される場合もあります。その時にとても重要なことで、価格が大幅に変動することがあります。キレイな状態、新品に近い状態のものは同じiPhoneでも高くなるのです。iPhoneの箱のキレイさやイヤホンなどの備品の状態は価格の関わるとても重要な部分なのです。
ですから、できるだけキレイにしておくと必ずいいことがあります。iPhoneではとくにそうです。古くなったiPhoneでもまだまだ売れます。これも同じく、キレイなものが高くなります。傷は無理ですが、汚れは落とすことができます。
また、汚れないようにカバーをしておくこともできます。状態がいいもの間違いなく売れます。

どこで売るかも大事です

iPhone
iPhoneは売れるといっても、売る場所によっては最悪な価格での買取になる場合もあります。しかし、その逆もあります。特に店舗の場合はものすごく安くなったり、もの凄く高く買取ってくれる場合もあります。売れるからといってそのへんの買取してくれる店舗に持っていっても残念な価格になってしまうこともよくあります。店員さんの営業トークに騙されて売ってしまったなどというケースもよくあることです。売ってしまったあとにもっと高く売れたのに・・・ということになる方も少なくありません。だから、どこでどのくらいの価格で売れるのかをしっかり調査しておくことです。ネットで売る方が高く買取ってくれることもあります。しかし、時期など店舗の在庫状況によっては、ネットよりも店舗の買取の方がいい場合があります。

おすすめのiPhoneの買取業者
■iPhoneを高価買取! | 簡単スピード査定!宅配買取ならBUY王!箱に詰めて送るだけ
■https://www.buyking.club/items/smartphone/iphone