いらなくなったiPhoneはすぐに売る!これが秘訣です。

毎年新しいのがどんどん出てきますね。新機能が搭載されて新しくなっています。当然誰もが新しいiPhoneの方がいいに決まっています。余裕がある方なら、毎年機種変してみるなんてこともできますが、普通ならそんなに頻繁にできないものです。でも、上手な人は本当に賢くやっています。その秘訣を紹介いたします。

すぐに売ること

これが秘訣です。賢い人たちは、iPhoneの新しいものが出ると機種変します。そのご以前に使っていたiPhoneは即、買取をしてもらって、現金にかえているのです。別に当たり前のことと思いがちですが、けっこうこれができてないものなのです。データや写真があるから、後でとか、今度とかになってしまって、そのままということがほとんどなのです。また、ショップの方に言われて、「サブでデータとか用にお使いになられると便利ですよ。」なんて笑顔で言われると、ちょと賢くなったような気分になって、新しい機種に替えようと決心がつきますね。
賢い人々はみんな、即データを消去して売りに出します。そうすることで金額がまだ落ちてない時期に売ることができます。1日でも長くなると値段は変わるのか?と言えば、そんなに大差はないのですが、ほとんどの方はそのまま何ヶ月も放置してしまいます。理由は「データがそのままなんで・・・」ということです。

サブでなんて使ってますか?

実際、前のiPhoneをサブで使っているという方は少ないものです。使おうと思っているかたは、ものすごく多いことです。サブでという前に、新しいiPhoneで十分間に合うことに最終的になります。ですから、もうすぐに売ることをオススメします。すぐに買取りしてもらうことで値段がそれ以上落ちることはありません。この方がムダがなく高く売ることができます。古いiPhoneをもっていても仕方ないのです。

関連する記事